Mac OS X 10.7 Lion の NTP バージョンを確認して、最新バージョンに更新する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ntp

NTP(Network Time Protocol)の脆弱性に関して
CVE-2014-9295 : Stephen Roettger of the Google Security Team
2014/12/22、AppleからSecurity Updateがリリースされました。

About OS X NTP Security Update
This document describes the security content of OS X NTP Security Update.
http://support.apple.com/ja-jp/HT6601

このセキュリティーアップデートは、具体的には、OS X Mountain Lion/Mavericks/Yosemite、それぞれの最新バージョンに対するもので、ネットワークに進入して悪意のあるコードを実行できる可能性がある問題を修正するとのこと。確保したバッファ(メモリー領域)を超えたデータを送り込む込むことでプログラムを暴走させる、いわゆるバッファーオーバーフローのセキュリティーホールを突くものです。この緊急セキュリティーアップデートによって更新されるのは、「ntpd」のバージョンです。Mountain Lionではntp-77.1.1、Mavericksではntp-88.1.1、Yosemite:ではntp-92.5.1にそれぞれバージョンアップされます。ntpdというのは、NTPサーバーに定期的にアクセスするためにOS Xのバックグラウンドで動作しているプログラム(デーモン)のことです。

Appleはセキュリティ・アップデートをリリースしましたが、対象のOSは
Available for:
OS X Mountain Lion v10.8.5
OS X Mavericks v10.9.5
OS X Yosemite v10.10.1
となっていて、Lionに対しては、更新プログラムが配布されません。
話が逸れますので、ここでは深くは突っ込みませんが、この仕打ちって明らかに「Lionが切り捨てられた(サポート終了)」ということを意味しますよね… (^_^;)

JVNVU#96605606
Network Time Protocol daemon (ntpd) に複数の脆弱性
https://jvn.jp/vu/JVNVU96605606/index.html
影響を受けるのは
・ntpd 4.2.7 およびそれ以前
・ntp-keygen 4.2.7p230 より前のバージョン
これらの脆弱性は、NTP 4.2.8 で修正されています。開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

ということなので、LionでNTPを使い続けたい場合は、自力でパッチを当てる必要があります。

 

Mac OS X 10.7 Lion のNTPバージョンの確認方法

Lionのterminal(ターミナル.app)を起動して、上記のサイトで紹介されている
what /usr/sbin/ntpd
と、コマンドを打ってみても、何も表示されませんので、自分のマシンのNTPバージョンは分かりません。

もし、現時点で稼働しているNTPバージョンを知りたい場合は、
ntpq -c rv
というコマンドを使うと、
version=”ntpd 4.2.8@1.3265-o Wed Dec 24 02:02:35 UTC 2014 (1)”
のように、ntpdのversionを表示できます。

または、

$ which ntpd
/usr/sbin/ntpd

$ /usr/sbin/ntpd –version
ntpd 4.2.8@1.3265-o Wed Dec 24 02:02:35 UTC 2014 (1)

でもOKです。

ちなみに、この例では、「4.2.8」が稼働中であるということが分かります。

 

Mac OS X 10.7 Lion のNTPをアップデートする方法

前提条件(コンパイルが必要なため):
・Xcode 4.6.3 がセットアップされていること。
・Xcode にて Command Line Tools が追加インストールされていること。

最新のNTPソースコードをダウンロードする
Network Time Foundation’s NTP Project オフィシャルサイト
http://www.ntp.org/downloads.html
(「http」のリンクでOK)

パッチをダウンロードする
http://bugs.ntp.org/show_bug.cgi?id=2697
 Attachments
  Patch for ntpd_io.c (814 bytes, patch)
※今回は行いましたが、パッチ当ては必要に応じて実施

ソースコードを解凍する
tar zxvf

パッチ当てをする
ディレクトリ内
patch ntpd/ntp_io.c < patch-ntpd-ntp_io.c.diff コンパイルする
ディレクトリ内
./configure
終わったら
make

古いファイルをリネームする
(古いファイルがあるディレクトリは /usr/sbin/)
sudo mv ntpd ntpd.old

インストールする
(/usr/local/sbin にインストールされる)
ディレクトリ内
sudo make install

ntpd は /usr/local/sbin にインストールされるが、
デーモンとして参照される ntpd は /usr/sbin にあるので、
/usr/sbin/ntpd から /usr/local/sbin/ntpd に対してシンボリックリンクを張ります。
$ cd /usr/sbin
$ sudo ln -s /usr/local/sbin/ntpd .
$ ls -l /usr/sbin/ntpd*
lrwxr-xr-x 1 root wheel 20 1 27 17:36 /usr/sbin/ntpd -> /usr/local/sbin/ntpd
-rwxr-xr-x 1 root wheel 375024 12 7 14:25 /usr/sbin/ntpd.old
-rwxr-xr-x 1 root wheel 61840 12 7 14:25 /usr/sbin/ntpdate
-rwxr-xr-x 1 root wheel 134272 12 7 14:25 /usr/sbin/ntpdc

※上記の確認コマンド「ls -l」と「ll」は同様の出力になります。
※また、
$ ls -F
ntpd@
(シンボリックリンクにはファイル名に”@”が付加されていることが確認できます)

同期させるNTPサーバを指定する
(必要なければスルー)
$ cat /etc/ntp.conf
server ntp1.jst.mfeed.ad.jp minpoll 6 maxpoll 10
server ntp2.jst.mfeed.ad.jp minpoll 6 maxpoll 10
server ntp3.jst.mfeed.ad.jp minpoll 6 maxpoll 10

ntpdを再起動し、設定ファイルを読み込ませます
$ sudo kill -HUP `cat /var/run/ntpd.pid`
「`」はShiftキー + @

稼働しているntpdのversionを確認する
$ ntpq -c rv
version=”ntpd 4.2.8@1.3265-o Wed Dec 24 02:02:35 UTC 2014 (1)”
(今回はデモンストレーションなので、バージョンは特に変わらず、同じままです。)

同期がとれているか確認する
$ ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
*time.asia.apple 17.82.254.14 2 u 36 64 3 9.503 -0.011 0.854

※先頭に「*」が表示されていると、同期がとれている。

 

参考にさせていただいたサイト:
http://www.iex3.info/archives/1712
http://apple.stackexchange.com/questions/163209/disabling-ntp-on-os-x-lion-or-older

 

でも、まだ ntp-keygen のバージョンが古いような気が・・・?

追記【2014/12/26 1:30】

$ which ntp-keygen
/usr/bin/ntp-keygen

$ ls -l /usr/bin/ntp-keygen
-rwxr-xr-x 1 root wheel 213312 May 17 2012 /usr/bin/ntp-keygen

$ /usr/bin/ntp-keygen –version
Using OpenSSL version 9081af
ntp-keygen (ntp) – Create a NTP host key – Ver. 4.2.6

→ ntp-keygen 4.2.7p230 より前のバージョンには脆弱性が残存している、とアナウンスされている為、パッチ当てが必要。

ntp-keygen は、/usr/local/bin にインストールされている。

$ ls -l /usr/local/bin
total 2152
-rwxr-xr-x 1 root wheel 257268 Dec 24 12:23 ntp-keygen
-rwxr-xr-x 1 root wheel 384544 Dec 24 12:23 ntpq
-rwxr-xr-x 1 root wheel 456600 Dec 24 12:23 sntp

古いファイルをリネームする
(古いファイルがあるディレクトリは /usr/bin/)
sudo mv /usr/bin/ntp-keygen /usr/bin/ntp-keygen.old

置き換える
デーモンとして参照される /usr/bin/ntp-keygen から /usr/local/bin/ntp-keygen に対してシンボリックリンクを張ります。
$ cd /usr/bin
$ pwd
/usr/bin
$ ls -l ntp*
-rwxr-xr-x 1 root wheel 213312 May 17 2012 ntp-keygen.old
-rwxr-xr-x 1 root wheel 282384 May 17 2012 ntpq
$ sudo ln -s /usr/local/bin/ntp-keygen .
$ ls -l ntp*
lrwxr-xr-x 1 root wheel 25 Dec 26 01:43 ntp-keygen -> /usr/local/bin/ntp-keygen
-rwxr-xr-x 1 root wheel 213312 May 17 2012 ntp-keygen.old
-rwxr-xr-x 1 root wheel 282384 May 17 2012 ntpq
$ ls -F ntp*
ntp-keygen@

※上記の確認コマンド「ls -l」と「ll」は同様の出力になります。
※また、
$ ls -F
ntpd@
(シンボリックリンクにはファイル名に”@”が付加されていることが確認できます)

ntpdを再起動し、設定ファイルを読み込ませます
$ sudo kill -HUP `cat /var/run/ntpd.pid`
「`」はShiftキー + @

稼働している ntp-keygen のversionを確認する
$ which ntp-keygen
/usr/bin/ntp-keygen

$ /usr/bin/ntp-keygen –version
ntp-keygen 4.2.8@1.3265-o Wed Dec 24 02:02:43 UTC 2014 (1)

時刻の同期がとれているか確認する
$ ntpq -p
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
*tok-ntp-ext.asi 17.82.254.14 2 u 8 64 17 9.135 -0.150 0.464

※先頭に「*」が表示されていると、同期がとれている。

 

(個人的にメモ)
インストールされたファイル一覧(全部ではないかも?)
$ ls -l /usr/local/bin
total 2152
-rwxr-xr-x 1 root wheel 257268 Dec 24 12:23 ntp-keygen
-rwxr-xr-x 1 root wheel 384544 Dec 24 12:23 ntpq
-rwxr-xr-x 1 root wheel 456600 Dec 24 12:23 sntp

$ ls -l /usr/local/sbin
total 3480
-rwxr-xr-x 1 root wheel 3210 Dec 24 12:23 ntp-wait
-rwxr-xr-x 1 root wheel 837368 Dec 24 12:23 ntpd
-rwxr-xr-x 1 root wheel 184784 Dec 24 12:23 ntpdate
-rwxr-xr-x 1 root wheel 346996 Dec 24 12:23 ntpdc
-rwxr-xr-x 1 root wheel 395008 Dec 24 12:23 ntpsnmpd
-rwxr-xr-x 1 root wheel 3570 Dec 24 12:23 ntptrace

関連記事

コメント

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    2015/06/29
    最新安定版(stable) version 4.2.8p3 がリリースされました。
    http://www.ntp.org/downloads.html

    早速、アップデートを適用してみました。

    $ ls -ls /usr/local/bin/
    total 2152
    504 -rwxr-xr-x 1 root wheel 255428 6 30 22:51 ntp-keygen
    752 -rwxr-xr-x 1 root wheel 382096 6 30 22:51 ntpq
    896 -rwxr-xr-x 1 root wheel 455336 6 30 22:51 sntp

    $ ls -ls /usr/local/sbin
    total 3576
    8 -rwxr-xr-x 1 root wheel 3204 6 30 22:51 ntp-wait
    1728 -rwxr-xr-x 1 root wheel 882840 6 30 22:51 ntpd
    360 -rwxr-xr-x 1 root wheel 183296 6 30 22:51 ntpdate
    680 -rwxr-xr-x 1 root wheel 344396 6 30 22:51 ntpdc
    768 -rwxr-xr-x 1 root wheel 392464 6 30 22:51 ntpsnmpd
    8 -rwxr-xr-x 1 root wheel 3564 6 30 22:51 ntptrace
    24 -rwxr-xr-x 1 root wheel 11510 6 30 22:51 update-leap

    $ /usr/sbin/ntpd –version
    ntpd 4.2.8p3@1.3265-o Tue Jun 30 13:49:26 UTC 2015 (1)

    $ ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    *tok-ntp-ext.asi 17.107.131.11 2 u 12 64 377 9.355 0.081 0.128

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Vulnerabilities Identified in Network Time Protocol Daemon (ntpd)
    10/21/2015 11:10 PM EDT
    Original release date: October 21, 2015 | Last revised: October 22, 2015
    The Network Time Foundation’s NTP Project has released an update addressing multiple vulnerabilities in ntpd. Exploitation of some of these vulnerabilities may allow an attacker to cause a denial of service (DoS) condition.
    Users and administrators are encouraged to review NTP Security Notice Page for more details and US-CERT Security Tip ST04-015 for information on DoS attacks.

    2015/10/21
    最新安定版(stable) version 4.2.8p4 がリリースされました。
    http://www.ntp.org/downloads.html

    早速、アップデートを適用してみました。

    $ ls -ls /usr/local/bin/
    total 2192
    drwxr-xr-x 5 root wheel 170 10 25 12:12 .
    drwxr-xr-x 8 root wheel 272 12 24 2014 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 261148 10 25 12:12 ntp-keygen
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 390624 10 25 12:12 ntpq
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 464408 10 25 12:12 sntp

    $ ls -ls /usr/local/sbin
    total 3640
    drwxr-xr-x 9 root wheel 306 10 25 12:12 .
    drwxr-xr-x 8 root wheel 272 12 24 2014 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3207 10 25 12:12 ntp-wait
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 894312 10 25 12:12 ntpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 188080 10 25 12:12 ntpdate
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 352564 10 25 12:12 ntpdc
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 401304 10 25 12:12 ntpsnmpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3567 10 25 12:12 ntptrace
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 11510 10 25 12:12 update-leap

    $ /usr/sbin/ntpd –version
    ntpd 4.2.8p4@1.3265-o Sun Oct 25 03:05:27 UTC 2015 (1)

    $ ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    *jptyo5-ntp-001. .GPSs. 1 u 34 64 377 3.361 -0.360 0.047

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    2016年1月7日
    最新安定版(stable) version 4.2.8p5 がリリースされました。
    http://www.ntp.org/downloads.html

    早速、アップデートを適用してみました。

    ターミナルで 現インストールバージョンを待避
    $ cd /usr/local
    $ sudo cp -a bin bin_160109bak
    $ sudo cp -a sbin sbin_160109bak

    ターミナルで ダウンロードしたファイルのディレクトリに移動して、解凍、インストール
    $ tar zxvf ntp-4.2.8p5.tar.gz
    $ cd ntp-4.2.8p5
    $ sudo make install
    make: Nothing to be done for `install’.
    通常パッケージのインストールは configure → make → make install で行う。
    $ ./configure
    $ make
    $ sudo make install

    ntpd再起動
    $ sudo kill -HUP `cat /var/run/ntpd.pid`
    「`」はShiftキー + @
    デーモンなどのプログラムを再起動するには,「kill」コマンドにオプションとして「-HUP」シグナルを指定する。「kill」の場合はプロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」を用いればコマンド名で指定できる。なお,ルート権限で動作するデーモンなどを停止させるには,killまたはkillallコマンドを実行する前にルート権限を取得する必要がある。

    確認
    $ ls -ls /usr/local/bin/
    total 2184
    512 -rwxr-xr-x 1 root wheel 260284 1 9 07:44 ntp-keygen
    768 -rwxr-xr-x 1 root wheel 389568 1 9 07:44 ntpq
    904 -rwxr-xr-x 1 root wheel 462736 1 9 07:44 sntp

    $ ls -ls /usr/local/sbin
    total 3632
    8 -rwxr-xr-x 1 root wheel 3207 1 9 07:44 ntp-wait
    1752 -rwxr-xr-x 1 root wheel 895640 1 9 07:44 ntpd
    368 -rwxr-xr-x 1 root wheel 187352 1 9 07:44 ntpdate
    688 -rwxr-xr-x 1 root wheel 351084 1 9 07:44 ntpdc
    784 -rwxr-xr-x 1 root wheel 399304 1 9 07:44 ntpsnmpd
    8 -rwxr-xr-x 1 root wheel 3567 1 9 07:44 ntptrace
    24 -rwxr-xr-x 1 root wheel 11510 1 9 07:44 update-leap

    $ /usr/sbin/ntpd –version
    ntpd 4.2.8p5@1.3265-o Fri Jan 8 22:43:39 UTC 2016 (1)

    $ ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    *time.apple.com .GPSs. 1 u 14 64 1 268.144 4.697 0.001

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    2016年1月20日
    最新安定版(stable) version 4.2.8p6 がリリースされました。
    http://www.ntp.org/downloads.html

    ターミナルで 現インストールバージョンを待避
    $ cd /usr/local
    $ sudo cp -a bin bin_20160124bak
    $ sudo cp -a sbin sbin_20160124bak

    ターミナルで ダウンロードしたファイルのディレクトリに移動して、解凍、インストール
    $ tar zxvf ntp-4.2.8p6.tar.gz
    $ cd ntp-4.2.8p6
    通常パッケージのインストールは configure → make → make install で行う。
    $ ./configure
    $ make
    $ sudo make install

    ntpd再起動
    $ sudo kill -HUP `cat /var/run/ntpd.pid`
    「`」はShiftキー + @
    デーモンなどのプログラムを再起動するには,「kill」コマンドにオプションとして「-HUP」シグナルを指定する。「kill」の場合はプロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」を用いればコマンド名で指定できる。なお,ルート権限で動作するデーモンなどを停止させるには,killまたはkillallコマンドを実行する前にルート権限を取得する必要がある。

    確認
    $ ls -la /usr/local/bin
    total 2200
    drwxr-xr-x 5 root wheel 170 1 24 13:36 .
    drwxr-xr-x 10 root wheel 340 1 24 13:31 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 260284 1 24 13:36 ntp-keygen
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 393952 1 24 13:36 ntpq
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 463288 1 24 13:36 sntp

    $ ls -la /usr/local/sbin
    total 3648
    drwxr-xr-x 9 root wheel 306 1 24 13:36 .
    drwxr-xr-x 10 root wheel 340 1 24 13:31 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3207 1 24 13:36 ntp-wait
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 901128 1 24 13:36 ntpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 188016 1 24 13:36 ntpdate
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 351260 1 24 13:36 ntpdc
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 399472 1 24 13:36 ntpsnmpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3567 1 24 13:36 ntptrace
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 11510 1 24 13:36 update-leap

    $ /usr/sbin/ntpd –version
    ntpd 4.2.8p6@1.3265-o Sun Jan 24 04:35:59 UTC 2016 (1)

    $ ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    *time.apple.com .GPSs. 1 u 74 64 6 435.815 90.830 86.905

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    2016年4月27日
    最新安定版(stable) version 4.2.8p7 がリリースされました。
    http://www.ntp.org/downloads.html

    ターミナルで 現インストールバージョンを待避
    $ cd /usr/local
    $ sudo cp -a bin bin_20160427bak
    $ sudo cp -a sbin sbin_20160427bak

    ターミナルで ダウンロードしたファイルのディレクトリに移動して、解凍、インストール
    $ tar zxvf ntp-4.2.8p7.tar.gz
    $ cd ntp-4.2.8p7
    通常パッケージのインストールは configure → make → make install で行う。
    $ ./configure
    $ make
    $ sudo make install

    ntpd再起動
    $ sudo kill -HUP `cat /var/run/ntpd.pid`
    「`」はShiftキー + @
    デーモンなどのプログラムを再起動するには,「kill」コマンドにオプションとして「-HUP」シグナルを指定する。「kill」の場合はプロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」を用いればコマンド名で指定できる。なお,ルート権限で動作するデーモンなどを停止させるには,killまたはkillallコマンドを実行する前にルート権限を取得する必要がある。

    確認
    $ ls -la /usr/local/bin
    total 2200
    drwxr-xr-x 5 root wheel 170 4 27 11:54 .
    drwxr-xr-x 13 root wheel 442 4 27 11:49 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 260284 4 27 11:54 ntp-keygen
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 395248 4 27 11:54 ntpq
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 468496 4 27 11:54 sntp

    $ ls -la /usr/local/sbin
    total 5848
    drwxr-xr-x 12 root wheel 408 4 27 11:54 .
    drwxr-xr-x 13 root wheel 442 4 27 11:49 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3205 4 27 11:54 ntp-wait
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 906832 4 27 11:54 ntpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 193080 4 27 11:54 ntpdate
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 352220 4 27 11:54 ntpdc
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 404704 4 27 11:54 ntpsnmpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3565 4 27 11:54 ntptrace
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 579940 3 20 10:42 smartctl
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 521508 3 20 10:42 smartd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 11510 4 27 11:54 update-leap
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3401 3 20 10:42 update-smart-drivedb

    $ /usr/sbin/ntpd –version
    ntpd 4.2.8p7@1.3265-o Wed Apr 27 02:54:00 UTC 2016 (1)

    $ ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    *time.apple.com .GPSs. 1 u 29 64 1 128.679 -0.180 0.001

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    2016年6月2日
    最新安定版(stable) version 4.2.8p8 がリリースされました。
    http://www.ntp.org/downloads.html

    ターミナルで 現インストールバージョンを待避
    $ cd /usr/local
    $ sudo cp -a bin bin_20160602bak
    $ sudo cp -a sbin sbin_20160602bak

    ターミナルで ダウンロードしたファイルのディレクトリに移動して、解凍、インストール
    $ tar zxvf ntp-4.2.8p8.tar.gz
    $ cd ntp-4.2.8p8
    通常パッケージのインストールは configure → make → make install で行う。
    $ ./configure
    $ make
    $ sudo make install

    ntpd再起動
    $ sudo kill -HUP `cat /var/run/ntpd.pid`
    「`」はShiftキー + @
    デーモンなどのプログラムを再起動するには,「kill」コマンドにオプションとして「-HUP」シグナルを指定する。「kill」の場合はプロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」を用いればコマンド名で指定できる。なお,ルート権限で動作するデーモンなどを停止させるには,killまたはkillallコマンドを実行する前にルート権限を取得する必要がある。

    確認
    $ ls -la /usr/local/bin
    total 2208
    drwxr-xr-x 5 root wheel 170 10 16 21:15 .
    drwxr-xr-x 15 root wheel 510 10 16 21:09 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 260284 10 16 21:15 ntp-keygen
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 395248 10 16 21:15 ntpq
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 468496 10 16 21:15 sntp

    $ ls -la /usr/local/sbin
    total 5992
    drwxr-xr-x 12 root wheel 408 10 16 21:15 .
    drwxr-xr-x 15 root wheel 510 10 16 21:09 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3204 10 16 21:15 ntp-wait
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 906856 10 16 21:15 ntpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 193080 10 16 21:15 ntpdate
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 352220 10 16 21:15 ntpdc
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 404704 10 16 21:15 ntpsnmpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3564 10 16 21:15 ntptrace
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 616572 5 8 08:17 smartctl
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 552828 5 8 08:17 smartd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 11510 10 16 21:15 update-leap
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 8474 5 8 08:17 update-smart-drivedb

    $ /usr/sbin/ntpd –version
    ntpd 4.2.8p8@1.3265-o Sun Oct 16 12:14:43 UTC 2016 (1)

    $ ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    *uslax1-ntp-001. .GPSs. 1 u 18 64 3 102.604 0.224 0.038

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    2016年11月21日
    最新安定版(stable) version 4.2.8p9 がリリースされました。
    http://www.ntp.org/downloads.html

    ターミナルで 現インストールバージョンを待避
    $ cd /usr/local
    $ sudo cp -a bin bin_20161121bak
    $ sudo cp -a sbin sbin_20161121bak

    ターミナルで ダウンロードしたファイルのディレクトリに移動して、解凍、インストール
    $ tar zxvf ntp-4.2.8p9.tar.gz
    $ cd ntp-4.2.8p9
    通常パッケージのインストールは configure → make → make install で行う。
    $ ./configure
    $ make
    $ sudo make install

    ntpd再起動
    $ sudo kill -HUP `cat /var/run/ntpd.pid`
    「`」はShiftキー + @
    デーモンなどのプログラムを再起動するには,「kill」コマンドにオプションとして「-HUP」シグナルを指定する。「kill」の場合はプロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」を用いればコマンド名で指定できる。なお,ルート権限で動作するデーモンなどを停止させるには,killまたはkillallコマンドを実行する前にルート権限を取得する必要がある。

    確認
    $ ls -la /usr/local/bin
    total 2248
    drwxr-xr-x 5 root wheel 170 11 27 14:09 .
    drwxr-xr-x 17 root wheel 578 11 27 14:01 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 268316 11 27 14:09 ntp-keygen
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 402896 11 27 14:09 ntpq
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 472264 11 27 14:09 sntp

    $ ls -la /usr/local/sbin
    total 6040
    drwxr-xr-x 12 root wheel 408 11 27 14:09 .
    drwxr-xr-x 17 root wheel 578 11 27 14:01 ..
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3208 11 27 14:09 ntp-wait
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 915256 11 27 14:09 ntpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 196624 11 27 14:09 ntpdate
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 359868 11 27 14:09 ntpdc
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 408256 11 27 14:09 ntpsnmpd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 3568 11 27 14:09 ntptrace
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 616572 5 8 2016 smartctl
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 552828 5 8 2016 smartd
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 11635 11 27 14:09 update-leap
    -rwxr-xr-x 1 root wheel 8474 5 8 2016 update-smart-drivedb

    $ /usr/sbin/ntpd –version
    ntpd 4.2.8p9@1.3265-o Sun Nov 27 05:09:12 UTC 2016 (1)

    $ ntpq -p
    remote refid st t when poll reach delay offset jitter
    ==============================================================================
    krseo1-ntp-001. .GPSs. 1 u 8 64 1 39.565 0.028 0.001
    ※同期できていない・・・?

      • so-ra
      • 投稿日 (Posted on):

      5分程放置後
      $ ntpq -p
      remote refid st t when poll reach delay offset jitter
      ==============================================================================
      *jptyo5-ntp-002. .GPSs. 1 u 41 64 17 3.692 0.295 0.237
      ※同期できた!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

人気記事ランキング

  • SEOブログパーツ
ページ上部へ戻る