新しい更新プログラムが検索できませんでした (Windows Update)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
donmai_mika_1

Windows Update 後の「更新プログラムの確認」再実行でエラー

月例の Windows Update を行った後、もう一度、「更新プログラムの確認」を行ったところ、x印の赤い盾が出現して、こんな エラーメッセージが表示されました。

新しい更新プログラムが検索できませんでした
このコンピューターで利用できる新しい更新プログラムを確認中にエラーが発生しました。
エラーコード: 80244019 Windows Update で 不明なエラーが発生しました。
更新プログラムのインストール日時 2015/06/10 9:10

windows_update_error_2015-06-10 9.25.18_1

環境は、Windows 7 64bit
コントロールパネル > すべてのコントロールパネル項目 > Windows Update

右横に「再実行」ボタンが表示されたので、とりあえず、押下してみました。

「更新プログラムを確認しています… 」という(見慣れたいつもの)画面が表示されました。

そして、しばらくすると、「利用できる重要な更新プログラムはありません」と表示されたので、ひと安心。

あのエラーは、一体、何だったんだろう?
自分はいつも、Windows Update を行った後には、取りこぼしがないように、念のため再度「更新プログラムの確認」を行って、現時点で “もう他に何も更新が存在しない” のを確認するのを慣習としているのですが、何かいつもと変わったことと言えば、今回は、Windows Update を立ち上げた際(「更新プログラムの確認」を再実行する前)に、「Windows 10 を予約しませんか?」みたいな勧誘メッセージのバナーみないなものが出てきたのですが、「そんなもんに興味はねえ!」と、その表示を無視して「更新プログラムの確認」を再実行したのが、災いしたのかもしれませんね。ビックリさせやがって、あんまりな仕打ちですわな〜 ドンマイ (^O^)

 

関連記事

コメント

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    この事象は Windows 10 無償アップグレード予約の受付開始 と関係がありそうだ。いやはや、これだから Windows ってのは、いつも余計なことをして平穏な市民生活を乱そうとするOSって思えてしまうんですよね。

    Windows 7 SP1 の場合 : KB3035583, KB2952664
    Windows 8.1 Update の場合 : KB3035583, KB2976978
    これらの更新プログラムが入っているかどうかは、管理者権限で起動したコマンド プロンプトで、下記コマンドを入力すると手動で確認することができます。([スタート] 画面または [スタート] メニューの [検索] ボックスに “コマンド プロンプト” と入力し、検索結果の一覧で [コマンド プロンプト] を右クリック → [管理者として実行] を選択します。※ コマンド と プロンプト の単語は繋げずに 間に空白を入れないとヒットしない。)
    dism /online /get-packages | findstr 3035583
    (探しているいずれかの更新プログラムの KB 番号を入力してください)
    もし、更新プログラムがインストールされている場合は、このコマンドでパッケージ ID が表示されます。
    http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-win_upgrade/windows-10/e4aa4cb1-5119-4638-81ce-e41eacfa57ec

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases July 2015 Security Bulletin

    Original release date: July 14, 2015
    Microsoft has released 14 updates to address vulnerabilities in Microsoft Windows. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow remote code execution or elevation of privileges.

    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletins MS15-058 and MS15-065 through MS15-077 (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms15-jul.aspx) and apply the necessary updates.

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases Security Update

    Original release date: July 20, 2015
    Microsoft has released a security update to address a critical vulnerability in Windows. Exploitation of this vulnerability may allow a remote attacker to take control of an affected system.

    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletin MS15-078 (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/MS15-078) and apply the necessary update.

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Windows Update で Service temporarily unavailable が発生した!

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases September 2015 Security Bulletin

    Original release date: September 08, 2015
    Microsoft has released 12 updates to address vulnerabilities in Microsoft Windows. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow an attacker to take control of an affected system.

    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletins MS15-094 through MS15-105 (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms15-sep.aspx) and apply the necessary updates.

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    新しい更新プログラムを検索できませんでした
    このコンピューターで利用できる新しい更新プログラムを確認中にエラーが発生しました。
    エラーコード : 80072EE2 Windows Update で不明なエラーが発生しました。

      • so-ra
      • 投稿日 (Posted on):

      これは回線断でしょ?

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases October 2015 Security Bulletin

    Original release date: October 13, 2015
    Microsoft has released six updates to address vulnerabilities in Microsoft Windows. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow an attacker to take control of an affected system.

    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletins MS15-106 through MS15-111 (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms15-oct.aspx) and apply the necessary updates.

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases November 2015 Security Bulletin
    Original release date: November 10, 2015
    Microsoft has released 12 updates to address vulnerabilities in Microsoft Windows. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow an attacker to take control of an affected system.
    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletins MS15-112 through MS15-123 and apply the necessary updates.
    (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms15-nov.aspx)

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases December 2015 Security Bulletin
    Original release date: December 08, 2015
    Microsoft has released 12 updates to address vulnerabilities in Microsoft software. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow a remote attacker to take control of an affected system.
    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletins MS15-124 through MS15-135 and apply the necessary updates.
    (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms15-dec.aspx)

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases January 2016 Security Bulletin
    Original release date: January 12, 2016
    Microsoft has released nine updates to address vulnerabilities in Microsoft software. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow a remote attacker to take control of an affected system.
    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletins MS16-001 through MS16-010 and apply the necessary updates.
    (https://technet.microsoft.com/library/security/ms16-jan)

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases February 2016 Security Bulletin
    Original release date: February 09, 2016
    Microsoft has released 13 updates to address vulnerabilities in Microsoft software. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow a remote attacker to take control of an affected system.
    Users and administrators are encouraged to review Microsoft Security Bulletins MS16-009 through MS16-022 and apply the necessary updates.
    (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms16-feb.aspx)

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases Update for EMET
    Original release date: February 23, 2016
    US-CERT is aware of a vulnerability in Microsoft Enhanced Mitigation Experience Toolkit (EMET) versions prior to 5.5. Exploitation of this vulnerability may allow a remote attacker to bypass or disable EMET to take control of an affected system.
    US-CERT recommends users and administrators visit the Microsoft Security TechCenter(https://technet.microsoft.com/en-us/security/jj653751) and upgrade to EMET version 5.5. For additional information, please review the FireEye threat research blog(https://www.fireeye.com/blog/threat-research/2016/02/using_emet_to_disabl.html).

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases March 2016 Security Bulletin
    Original release date: March 08, 2016
    Microsoft has released 15 updates to address vulnerabilities in Microsoft software. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow a remote attacker to take control of an affected system.
    US-CERT encourages users and administrators to review Microsoft Security Bulletins MS16-008 through MS16-022 and apply the necessary updates.
    (https://technet.microsoft.com/security/bulletin)

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases April 2016 Security Bulletin
    Original release date: April 12, 2016
    Microsoft has released 13 updates to address vulnerabilities in Microsoft software. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow a remote attacker to take control of an affected system.
    Users and administrators are encouraged to review the following Microsoft Security Bulletins MS16-037 through MS16-050 and apply the necessary updates.
    (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms16-Apr)
    (https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2016/04/13/201604-security-bulletin/)

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    1年を切ったWindows Vistaのサポート終了
    2017年4月11日にWindows Vistaの延長サポート期間が終了します。終了後は、セキュリティ上の問題(脆弱性)が発見されても修正されなくなるため、大変危険です。すでにwebブラウザのGoogle Chromeの最新バージョンは、Windows Vistaをサポートしていません。
    また、Windows Vistaで使えるInternet Explorerはバージョンが9で最新版よりも2バージョン古いものです。 脆弱性の修正アップデートは提供されていますが、IE10やIE11に搭載されているセキュリティ機能がなく、それら比べると安全性が低いと言えます。早めにパソコンの買い替えを検討されることをおすすめします。

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Microsoft Releases May 2016 Security Bulletin
    Original release date: May 10, 2016
    Microsoft has released 16 updates to address vulnerabilities in Microsoft software. Exploitation of some of these vulnerabilities could allow a remote attacker to take control of an affected system.
    Users and administrators are encouraged to review the following Microsoft Security Bulletins MS16-051 through MS16-067 and apply the necessary updates.
    (https://technet.microsoft.com/en-us/library/security/ms16-may.aspx)

    • so-ra
    • 投稿日 (Posted on):

    Vistaの 2016年10月の WindowsUpdateが「更新プログラムの確認」をクリック後の 更新プログラムを確認しています が 1日経っても終わらないので、ググってみました。
    こちらのサイトが有益です(https://www.ikt-s.com/howto-check-for-update-rollup/)
    Microsoft Updateカタログにアクセスする
    http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Home.aspx
    (※接続するとActiveXのインストールが求められます。Microsoft Updateカタログが使えない場合は、IEの インターネットオプション > セキュリティ > 信頼済みサイトに http://catalog.update.microsoft.com、http://*.update.microsoft.com、http://download.windowsupdate.com を追加する)
    KB3191203を検索
    Windows Vista for x64-Based Systems 用セキュリティ更新プログラム
    Windows Vista 用セキュリティ更新プログラム
    下は 32bit用
    Security Update for Windows Vista (KB3191203)というフォルダでダウンロードできる
    ネットワークを切断する
    再起動を行い直後に適用する
    適用できたらネットワークを接続する
    再起動する
    WindowsUpdate > 更新プログラムの確認を行う

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

人気記事ランキング

  • SEOブログパーツ
ページ上部へ戻る